イメージ画像

亀山社中の焼肉は
炭火焼が最も美味しい。

前足肩部分のお肉の名称

ざぶとん

背中の肉をロースと言います。

首から背中まで、背中の肉の事です。

肉質は柔らかく、きめが細かいお肉です。

ザブトンの名前は、焼肉店で提供される時の形がザブトンに似ているからだそうです。

主に、肩ロースの霜降りが入っている部分を焼肉の部位としてざぶとんと呼びます。

脂肪の少ないヒレ等に比べると、スジを感じる事もあるのですが、肉らしい噛みごたえは、肉が好きな人程好むかもしれません。

焼き方は、脂身が溶けてしまわない様に、焼きすぎないのがコツです。

ミスジ

牛の前足のモモ肉とでも言ったら良いお肉です。

人間で言えば、腕に当たる部分です。

肩甲骨の裏側に当たる部分がミスジです。

極々少ない分量しか取れません。

運動量が多い部分です。

名前の通り、運動量が多くスジが多い部分です。

スジが多いと歯ごたえが多いと言えますね。

油がのっているので、焼き方によって、脂の旨味と歯ごたえが特徴の部位です。

焼き方を選ぶ部分でもあります。

くりみ

牛の前足の上の部分。

運動量が多い部分であるため、スジが多い部分です。

スジが多いので、肉質は硬くなります。

脂身は少なく、肉の旨味が味わえる部分。

ただ、硬いのでスープの材料に使われたりします。

脂身が少ないため、味わいはしつこさが無く、赤みの味がぐっときます。

とうがらし

肩甲骨付近のお肉で、一頭から余り取れない部位。

肩の肉らしく、スジがあって少し硬い。

ローストビーフ等に使われ、調理法によつては美味しい部位。

焼肉では、柔らかめだけど歯ごたえがある部位。

赤みの肉で、脂身は少ない。

タタキ等にして食べられる事もある。

このページの先頭へ