イメージ画像

亀山社中の焼肉は
炭火焼が最も美味しい。

お腹部分のお肉の名称

カルビ

カルビは、韓国語で肋骨のことです。

カルビの日本での名称はバラです。

バラは、アバラのバラですね。

バラもカルビも肋骨周辺の肉の総称です。

バラと言うと、日本では余り高いお肉の印象はありません。

しかし、カルビと言われると、高価な印象が出てきますね。

肋骨の間のお肉になりますので、少し筋張って、やや固めです。

脂肪が多く、筋や膜が多いのが特徴です。

「カルビ」「上カルビ」「特上カルビ」など焼肉店によってメニュー名が微妙に異なるが、それは、この部位を分けるルールが特に決まっていないから。

店独自のランク付けをして名前を決めていることが多く、中にはオリジナルのネーミングもある。

と焼肉の教科書に書かれています。

中落ちカルビ

肋骨と肋骨の間にあるバラ肉を中落ちカルビと言うのです。

肋骨の骨の間にある肉であるため、骨の間だから肉を取り出す手間がかかります。

バラ肉の仲間だけあって肉自体の旨味も濃厚だが、それと同じぐらい脂がたっぷりと含まれているので、こってり感は最高レベル。

と焼肉の教科書にあります。

この中落ちカルビは、焼くと脂がジュワッと出てきて、ビールに合いますね。

ビールを飲みながらでは最高でしょう。

ササバラ

腹側にある肉をバラと言います。

股のつけねにあるお肉をササバラと言うのです。

脂も少しのっていて、赤身とのバランスもいい部位になります。

意外とあっさりしていて食べやすい部分です。

カルビに比べてさっぱりしているのも特徴です。

店によっては上カルビと命名されて売られている場合もあります。

カイノミ

少し背中に近いバラ肉で、ヒレに近接しているお肉をカイノミと言います。

バラ肉の割に、赤身の味わいの多いお肉になります。

脂と赤身のバランスは抜群の部位。

口の中でとろけるお肉なので、豪快に食べても大丈夫です。

ハラミ

私は、ハラミが大好き。

焼肉はハラミだと思っております。

ハラミは、横隔膜にあたる部分です。

脂肪を多く含んだ部分で、柔らかくておいしい。

柔らかくて美味しい割りに安く提供されているのが特徴です。

地方によっては、呼び名が変わります。

ハラミは、特に横隔膜の背中側の薄い部分を言います。

肋骨側の厚い分はサガリとも呼ばれます。

ハラミは、内臓肉として扱われています。

その為か、値段が安い。

しかし、ビールにもっとも合う肉であると言えるでしょう。

このページの先頭へ