イメージ画像

亀山社中の焼肉は
炭火焼が最も美味しい。

背中部分のお肉の名称

リブロース

リブロースは肋骨の背肉になります。

肩ロースとサーロインの間に位置する部分で、サーロインと並んで高級なお肉の部位になります。

霜降りになりやすい部分で、口の中でとろけます。

肉質がきめ細やかで、舌触りもよく柔らかいお肉です。

サーロイン

腰の当たりにあたるお肉で、ステーキと言えばサーロインと思う人も多いでしょう。

肉質も柔らかく、脂ものりやすい部分で、程よく霜降りになります。

一口食べると柔らかい肉の中から旨味の詰まった脂が肉汁となって溢れ出します。

焼肉の大きさで頂くより、ステーキにして食べたいと言うのが正直なところです。

ヒレ

高級な肉の代名詞とも言えるのがヒレ肉。

サーロインの下あたりにあり、腰椎にそった細長い部分です。

肉として取れる量も少ない部位になります。

脂が少なく赤身で、クセがありません。

ヒレをステーキで好んで食べる人も多いですね。

赤身のお肉本来の味を楽しみたいなら、ヒレ肉を選択するべきですね。

シャトーブリアン

ヒレの中心部に位置し、ヒレの中でも最も柔らかい部分をシャトーブリアンと言います。

脂肪は少なく、クセも無い。

それでいて柔らかく、溶けてしまう様なお肉です。

このページの先頭へ