イメージ画像

亀山社中の焼肉は
炭火焼が最も美味しい。

焼肉の部位名称一覧

ハラミ

私は、ハラミが大好き。

焼肉はハラミだと思っております。

ハラミは、横隔膜にあたる部分です。

脂肪を多く含んだ部分で、柔らかくておいしい。

柔らかくて美味しい割りに安く提供されているのが特徴です。

地方によっては、呼び名が変わります。

ハラミは、特に横隔膜の背中側の薄い部分を言います。

肋骨側の厚い分はサガリとも呼ばれます。

ハラミは、内臓肉として扱われています。

その為か、値段が安い。

しかし、ビールにもっとも合う肉であると言えるでしょう。

肩ロース

ロースとは、背中のお肉をいいます。

その背中のお肉のうち肩に比較的近い部分を肩ロースといいます。

ロースは、脂肪分の少ないお肉になりますが、肩ロースは比較的霜降りに状に脂肪分がのりやすいお肉です。

上ローストして提供している店もあるようです。

この部分、筋も入りやすい部位です。

筋は、華咲きカットにすると、筋きりされた状態となるため、食べやすくなります。

華咲きカットにして、厚めの肩ロースはほどよく脂の乗った上質の肉となります。

カルビ

カルビは、朝鮮語で肋骨の意味。

焼肉では、この肋骨の周りについているお肉をカルビと言う。

日本では主にばら肉と呼ばれている部位に相当する。

なんだか、ばら肉と言うと安いお肉の代名詞に思える。

ところが、焼肉店でカルビと言うとイメージががらりと変わる。

脂がのった部位になるため、直火で焼くと脂が程よく出て、美味しく食べることができます。>

このページの先頭へ