イメージ画像

亀山社中の焼肉は
炭火焼が最も美味しい。

亀山社中焼肉を美味しく焼く裏技

意外に美味しく焼ける、魚焼きグリル

魚焼き器で肉を焼く

亀山社中の焼肉、直火焼きが美味しいとのお客様の口コミです。

じゃ、亀山社中の焼き肉は、直火で焼けるBBQ(バーベキュー)などしか焼けないのか?ってことになりますよね。

いえいえそんな事はありません。

家の中でも美味しく焼く方法があります。

それは、コンロについている魚焼き器を使用することです。

実は、亀山社中の焼き肉に限らず、お肉を魚焼き器で焼くと美味しく焼きあがります。

日本のコンロはよくできていて、日本の暮らしに合うように進化しているのです。

その一つが魚焼き器用グリルです。

この魚焼きグリル、美味しく魚を焼けるように考えられています。

魚を美味しく焼くって、やっぱり炭火焼きですよね。

炭を使って七輪で焼いたような焼け具合になるように工夫してあるのです。

七輪で焼く!

これはお肉も同じです。

試しに、安い鳥の胸肉を魚焼き器で焼いてみてください。

皮はパリッと、中はジューシーに焼けるはずです。

しかもこの魚焼きグリル、無煙処理ができるように開発されています。

できるだけ、家の中に煙が充満しないように魚が焼ける、その事を考えて作られているんです。

だから、かなり煙が少なく焼きあがります。

焼き肉の醍醐味である、炭の上から自らの焼き肉をとるって具合にはいきませんが、美味しく焼けること請け合いです。

しかも、両面焼きグリルが標準となっていますので、ひっくり返さなくてもいいのです。美味しく焼いて、程よい大きさに切り分け、少しおしゃれなお皿に盛り付けると、焼き肉というよりローストビーフの様に出来上がります。

ローストした肉なので、まさにロースとビーフですよね。

鉄板での評価の低かった亀山社中の焼肉ですが、魚焼きグリルを使って焼き上げると、美味しく焼き上げることができます。

この方法は、漬けダレとの相性もぴったりなので、いちどお試しください。

このページの先頭へ