亀山社中の焼肉通販専門店、華咲きハラミ&華咲き肩ロースを秘伝のタレで漬込みました

焼肉の部位と種類

カルビ

カルビは、韓国語で肋骨のことです。
カルビの日本での名称はバラです。
バラは、アバラのバラですね。
バラもカルビも肋骨周辺の肉の総称です。
バラと言うと、日本では余り高いお肉の印象はありません。
しかし、カルビと言われると、高価な印象が出てきますね。
肋骨の間のお肉になりますので、少し筋張って、やや固めです。
脂肪が多く、筋や膜が多いのが特徴です。

「カルビ」「上カルビ」「特上カルビ」など焼肉店によってメニュー名が微妙に異なるが、それは、この部位を分けるルールが特に決まっていないから。店独自のランク付けをして名前を決めていることが多く、中にはオリジナルのネーミングもある。 と焼肉の教科書に書かれています。

中落ちカルビ

肋骨と肋骨の間にあるバラ肉を中落ちカルビと言うのです。
肋骨の骨の間にある肉であるため、骨の間だから肉を取り出す手間がかかります。

バラ肉の仲間だけあって肉自体の旨味も濃厚だが、それと同じぐらい脂がたっぷりと含まれているので、こってり感は最高レベル。

と焼肉の教科書にあります。
この中落ちカルビは、焼くと脂がジュワッと出てきて、ビールに合いますね。
ビールを飲みながらでは最高でしょう。

セット一覧
亀山社中セット詳細ページ一覧
焼き肉豆知識
個人の主張